そういえば昨日、『アイ・アム・レジェンド』に関する衝撃の事実というエントリを読んだ。僕自身はこの映画を見たことはないのだけど、原作に忠実に映像化すると、本編とは異なるエンディングになったらしい。

ちなみにこの原作をモチーフにして、故藤子・F・不二雄先生は、流血鬼という傑作を書いている。小学生の頃に単行本で読んで衝撃を受けた覚えがある。

アイ・アム・レジェンドも、流血鬼も、リチャード・マシスンの原作をもとにしているので基本的なプロットは同じだ。流血鬼のあらすじを少し紹介したい。

主人公たちの住む都市はルーマニアから広まった謎の奇病(マチスン・ウイルス)によって、みな吸血鬼になってしまう。危うく難を逃れた主人公を含む兄弟3人は、街の人を相手に絶望的な戦いを繰り広げる。

十字架を胸から下げ、手に木の杭を持ち、深夜に吸血鬼の家に侵入しては、吸血鬼を殺す。人より優れた能力を持つ吸血鬼を殺すには、心臓に木の杭をうつ以外の方法はないのだ。

襲撃が成功した夜、隠れ家として使っている洞窟で、ささやかな祝宴を兄弟たちは開くが、長兄は驚きの事実を口にする。自分も吸血鬼にやられてしまった。発病するまであと少しだ…逃げろ、と。

翌日、吸血鬼となった兄は先頭にたち、吸血鬼たちを先導する。主人公たちが隠れ住む洞窟に…。

という感じで、最終的には主人公も吸血鬼になる。そして、吸血鬼として生きることの素晴らしさを知る。そして、吸血鬼の側から見た場合、いかに自分が吸血鬼の生活をおびやかしていたのか。ということを知る。(主人公の命を救うのは、主人公に殺されかけた吸血鬼の医者だったりする。)

この作品は、

立場の違いがいかに、残酷な行為を生むか。
そして、人は自分の価値観でモノを考え、いかに相手を理解しようとしないか。


ということを教えてくれる。
続きを読む »