クリティカル・シンキングの良い訓練になるエントリを見つけたので、今さらではあるが取り上げてみたい。

僕自身Twitterで頂いた指摘によって、深く考える事の重要性を改めて感じたので、参考になればと思う。若干自分自身の考えの浅さを広めることにもつながるので、恥ずかしくはあるのだけれど。

該当エントリが下記

Chikirinの日記: アフリカが発展しない理由

主たる主張は下記の通りだ。
  1. 国際援助の半分~80%は途中で搾取され、貧困層に届かない≒援助の効率が非常に悪い
  2. 圧倒的な貧困しか知らない無教育な人たちに、社会秩序、投資の概念や効果、道徳や約束の概念、家族の助け合い、などは期待(共有)できない。
  3. 被害者意識に基づく国際援助詐欺と、特権意識に基づく自国民からの搾取にいそしむ指導者達は、アフリカの貧困の主要原因である。
よって、このままではアフリカは発展しない(経済的発展及び、国を牽引するリーダーが登場しない)ので、アフリカを発展させるためには植民地化して、次の100年間の国家運営を先進民主国に委ねよ。
というものだ。1~3という観察事実に基づいて、植民地化せよ。という結論を帰納的に導いている。こういった一見論理的な構成の文章が一番たちが悪いと思うのだ。

しかし、僕はブログを炎上させて認知度を高める炎上マーケティングか、本当にネタが尽きたのかのどちらかだと思ったので、倫理観にかける。と呟いただけで、深く考えることをストップしていた。

そうしていたところ、cloudgrabberさんから的確なご指摘を頂いたのだ。



続きを読む »