fukuidayo

人と組織と、fukui's blog

32歳にして会社を辞め、小説家になることを志し、食うために起業したある男のblogです。

氷河期

5

資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その2


関連エントリはこちら
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その1
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その2
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その3
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その4
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その5

前回のエントリで約束した通り、就職氷河期を乗り切り、食っていくために資本金1円で起業して、出来そうなビジネスをいくつか考えてみます。


1.Bar経営

さて、最初に考えられるのはBarに代表される飲食店の経営です。実際に飲食店をやろうとすると、資本金1円ではできません。物件も借りないといけないし、什器だって揃える必要がある。だから、最初に紹介するビジネスとしては不適切なのだけれど、僕自身が学生が経営するBarで働いていた経験があり、大変良い思い出があるので、これを取り上げさせてもらった。(ちなみに、資本金ゼロでBar経営をする方法も最後の方に記したのでご覧ください。)

13年前の話になる。当時、ちょっと変な学生たちの間で、高橋歩さんという方が話題になっていた。学生時代に、人生を変えるセミナーみたいなものに友人と参加した高橋歩さんは、すっかりやる気が出てしまって、友人4人と借金して(しかもその借金はクレジットカードでだ。今だったらとてもおすすめできない。まさに冒険といえよう…。)Barを立ち上げる。

物件を格安で譲り受けた高橋歩さんは、既に売れているBarに修行にいき、経理等の勉強をし、ゼロから立ち上げたこのBarは大ヒットし、4店舗になる。その後彼は、サンクチュアリ出版社という出版社を立ち上げる…。

という人だ。この、起業の経緯は毎日が冒険という本に詳しくのっているので、興味のある人は読んでもらいたい。普通の学生が、ポジティブに思い切ったことにチャレンジしたら成功しちゃったよ。みたいなパターンなんですよね。実話だし、孫さんや、江副さん、堀江さんのようにエリート大学の出身でもないし、自分でも手が届きそうなところが凄く良いんですよね。

さて、ここからが本番なのだけれど、それに影響された若者が当時いまして、@retz(以下、烈)さんという人なんですね。@kojisato515 さんが資金を調達してオーナーになって、烈さんが経営にあたる、といったスタイルで、東京の北の端に伝説的なBarが生まれたわけです。


毎日が冒険 (Hot youth series (Part2))毎日が冒険 (Hot youth series (Part2))
著者:たかはし あゆむ
販売元:サンクチュアリ出版
発売日:1999-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

続きを読む »
4

資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その1


関連エントリはこちら
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その1
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その2
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その3
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その4
資本金1円で起業して、就職氷河期を乗り切る方法 -その5

ライブレボリューションの増永社長のツイートを見て、思わず口から出た提案がこれ。いま、就活に苦しんでいる学生さんのことを思うと軽々しく、起業してみたら?とは言えなかったのだけれど、今年はやっぱり厳しいらしく、ちょっと鍛えればどこでも入れそうな人も苦労しているようなので、あくまで選択肢のひとつとして、起業を提示してみる。

大学を卒業して就職せずに起業するためのガチな方法論過去のエントリで4回にわたって述べたので、今回はもっと楽に、フツーの人でもなんとか起業して食っていけるようになるための道を考えてみた。


■当面のゴール、起業で得られるもの

さて今回考えてみたいのは、生活の糧を得るために起業する。という生き方だ。大変なことのように思われるかもしれないが、戦後の焼け野原の時代には何もなかったので、多くの人がたくましく自分で事業をおこし、なんとか食っていける状態を作っていた。言ってみれば、かつては普通のことだったのだ。

具体的には下記3点を目指したい。これは当面のゴールであるとともに、起業で得られるもののリストでもある。

  1. 履歴書に書いて自慢になるような起業の経歴をつくる
  2. ビジネスを経験し、社会人と対等以上に話せるようになる
  3. 1年間なんとか食っていく

続きを読む »
自己紹介
プロジェクトデザイナー。富山県在住。人と組織の問題に興味があります。小説の原稿の断片、日々感じる社会や経済に関する疑問、書評を徒然なるままに。

記事検索
最新コメント
推進中プロジェクトのご紹介

株式会社プロジェクトデザイン

ビジネスゲーム研修の開発・実施 人と組織のコンサルティング 株式会社プロジェクトデザイン

純国産品の精油、エッセンシャルオイルの製造・販売

はてなブックマーク
見た、読んだ、役立った
最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

今すぐできる「戦略思考」の教科書
今すぐできる「戦略思考」の教科書
超一流のセールスマンが書いた「戦略の教科書」
紹介エントリ

大型商談を成約に導く「SPIN」営業術
大型商談を成約に導く「SPIN」営業術
営業/データをもとに大型商談を科学
紹介エントリ

となりの億万長者
となりの億万長者
資産形成/資産形成の原理原則がデータと共に
紹介エントリ

ラクをしないと成果は出ない
ラクをしないと成果は出ない
フツーの人のために書かれた仕事術
紹介エントリ

すごい会議
すごい会議
トップマネジメントが経営に行き詰まったときに
紹介エントリ

社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格
転ばぬ先の杖として/成功譚以上に学ぶものは多い
紹介エントリ1

ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略 (ウォートン経営戦略シリーズ)
ネクスト・マーケット
BOPという新たなコンセプトを世に提示したバイブル
紹介エントリ

ミクロ経済学〈1〉市場の失敗と政府の失敗への対策 (プログレッシブ経済学シリーズ)
ミクロ経済学
大人になってから経済学に興味を持った人のための入門書
紹介エントリ

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか
プロフェッショナルの条件
読むたびに新たな発見がある一冊
紹介エントリ1

教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
教育×破壊的イノベーション
教育関係者に/新しい教育の形を提示
紹介エントリ1

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する
貧乏はお金持ち
雇われない生き方を模索し始めたときに
紹介エントリ

信長の洞察力 秀吉の速断力―歴史に学ぶ組織管理 (学研M文庫)

  • ライブドアブログ