KIGYOKA.comに素晴らしい記事が載っていたので紹介したいと思います。GMOインターネットの熊谷社長が陥り、そして乗り越えた4年前の危機の話です。

【私の危機突破】GMOインターネット 代表取締役会長兼社長 熊谷正寿

僕なりに記事を要約すると次のようになります。

飛ぶ鳥を落とす勢いだったベンチャー界の優等生、GMOインターネットは2005年8月にオリエント信販を買収する。しかし、半年後、最高裁で「グレーゾーン金利は違法である。」との結論が出て、過払い金請求に備えて突如200億円を過払い金請求の引当金として用意しなければならなくなった。

財務情報は急速に悪化し、当初は味方のような顔をして近づいてきた外資金融のアドバイザー(文中では外資ハゲタカ)が、突如「500億を用意した。GMOを売れ」といってきた。そのような状況の中、あおぞら銀行を中心とするメインバンクからは、「他が手を引くなら全部ウチが面倒を見ます。」という応援を得る。同行したCFOは短時間に両極端の対応を見て、男泣きに泣いたという。

様々な企業家や仲間の支援を受け、最終的には400億をつぎ込んだオリエント信販を500万で売りとばし、危機を脱する。

熊谷氏はこの出来事を脱することが出来た理由を次のように振り返る。「GMOが生き残れたのは金融機関が手を引かなかったからでもないし、私が資金を投入したからでもない。素晴らしい仲間たちの支えにあります。」

素晴らしい内容なので、是非本文を読んで頂きたいと思いますが、この記事から読み取れることは何なのか、ということを僕なりに考えてみたいと思います。


続きを読む »