昨日、雇用の流動化に関するエントリを書いていて、17世紀の詩人ミルトンの「失楽園」を思い出した。

神話の中で、神に反逆するものは悪魔として忌み嫌われ、罰せられる存在になるけれど、ある宗教の中で神の敵として虐げられた存在を見てみると、もともとは他の文明で神々として敬われていたケースもある。

たとえば、ベルゼブブはカナン地区の土着の神、嵐と慈雨の神バアルを貶めた表現だし、アスタロトもシュメール文明の豊穣の女神イシュタルが語源とされる。サタンも、もとは神の傍らにありて仕える最上級の天使ルシファーだと言われる。

ある宗教の神は、多神教の元では同じく神として崇められ続けることもあるけれど、一神教の元では人心を惑わす悪魔として貶められる。力が強く、戦争で勝った国が負けた国で信じられている神々を悪魔とする。

宗教は政治にも利用される。多民族国家であり、様々な宗教を吸収してきたローマの多神教のもとでは、キリスト教は迫害され続けた。キリスト教のもとでは、神は一人だからだ。しかし、キリスト教の勢力が増えるにつれ、その存在を無視できなくなったローマは、キリスト教をついに国教に定める。そして、反対派をなだめるために、当時軍人を中心に大きな信仰を獲得していたミトラス教の祝日、12月25日ををイエスキリストの誕生日とし、キリスト教の取り込みにかかる。いったん、国教に定められたキリスト教は、それ以外の信仰を異端として弾圧し、他の神々は廃れていったけれど。

キリスト教の中で、サタン(ルシファー)は蛇の姿でイブを誘惑し、善悪の知識の実を食べさせる。それが元となってアダムとイブは天界を追放されることになるのだけれど、見方を変えれば、人間を無知から開放し、知恵を与えた存在とも言える。

ギリシャ神話でも、人類に火と様々な知恵を教えたプロメーテウスはゼウスの怒りを買い、毎日肝臓をハゲタカに食べられるという責め苦を負わされることになった。(プロメーテウスは不死のため、食べられた肝臓は毎日再生する。生地獄というやつだ。)


失楽園では、神(ヤハウェ)に服従することをよしとせず、自由を求め戦ったルシファーにミルトンは次のような言葉を吐かせている。

「それにしても、知ることが禁じられるとは!なぜ、彼らの主は知識を与えることを惜しんでいるのか?知るということが罪であり死であると、どうして言えるのか」

自由を求め、知識を欲して戦う英雄として描かれるルシファーに相応しい言葉だろう。

神々を法、その対極に存在するものを混沌とすると、法は秩序と安定をもたらすけれど、ともすれば停滞を招き思考を奪う存在でもある。混沌はその逆で、様々な意見がぶつかり合うし、弱肉強食の世界を生み出す可能性もあるけれど、変化の中から新たな創造を生み出す。(ヒンズー教の神であるシヴァは、破壊と創造、両方を担う神だけれど、古代インドの人々は混沌の中から生まれる新たな創造の価値をよく理解していたのだろう。)

古代中国では孔子が創始した「儒教」が人々のライフスタイルの基礎となる「法」だった。これは漢朝が400年続く礎となったけれど、同時に権威主義と停滞ももたらした。そこに乱世の奸雄曹操が現れ、儒教による権威主義を打破し、ただ才によってのみ用いる、唯才を宣言した。(ローマ・カソリックが絶対権力を持っていた中世ヨーロッパは暗黒時代と呼ばれてもっとも文明が停滞した時期だったね。そういえば…。)


今、日本はどういう状態か。

戦後の成長を支えた制度はすでに老朽化し、疲弊している。テクノロジーの進歩に、追いついていない制度やルールも多い。今、必要なのは、この混沌とした社会を「古くなった法」から開放し、自由の中から新たな価値や新たな法(ルール)を創造することではないか。

政治はもちろんそのような状況だし、実は個々の企業を見てもそのような状況なんじゃないかと思う。過去に成功した秩序をすて、自由に競わせその中から新たな価値を生み出していくべき時期じゃないか。また、そういうことを意識している企業が強いのではないか。

端的に言うと、今、政府はいろんな規制やルールをつくるんじゃなくて、自由化を促進して、新たな価値を創造する時期に来てるんじゃないか。ということ。民間や市場が持つ有象無象のパワーを忌み嫌うのではなく、価値を認め、もっと積極的に活用すればいいんじゃないか。

そんなことを考えた。

こんなエントリを書くと真面目な方々からはお叱りを受けることもあるかもしれないけど、宗教が過去の歴史や社会のルール、思想のメタファーだとしたら、今も昔も本質はそんなに変わってないのかもしれないね。秩序と安定を、自由と進化を。みたいな感じでね。どっちも必要なんだけど、秩序や安定を意識するあまり、自由と創造性を縛り、退化を促進するようなことにならなければいい。と思う。

失楽園 上   岩波文庫 赤 206-2失楽園 上 岩波文庫 赤 206-2
著者:ミルトン
販売元:岩波書店
発売日:1981-01
おすすめ度:4.5
クチコミを見る