故藤子・F・不二雄氏のSF短編集に「ひとりぼっちの宇宙戦争」という作品がある。小学生の頃に、僕はこの作品をどきどきしながら読んだ。何度も読んで、何度も感動した。

高度に文明の進んだ宇宙人が地球を訪れる。宇宙人はその星を侵略する前に、「代理戦争」という形で一度だけ侵略を回避するチャンスを与えていた。
誰も知らないうちに住人のひとりがランダムに選ばれ、知能・体力が等しいコピーロボットと「時を止めた地球上で一晩だけ」戦わせる。住人が勝てば何事も無かったように立ち去り、コピーロボが勝てば、侵略する。選ばれたのは、運動が得意なワケではない、特別勉強ができるわけでもない、友達と笑い、恋をする、どこにでもいるごく普通の中学生だった。

という感じのストーリーで、選ばれた主人公の中学生は、宇宙人から剣と盾を与えられてコピーと戦う。ただ、知能も体力も同じなので、なかなか決着はつかない。そんなとき、コピーが足を滑らす。絶好のチャンス。主人公はトドメを刺そうとするが、自分とうり二つのコピーに剣を突き立てることを一瞬躊躇する。そこから、コピーの反撃が始まる。主人公は「ロボットに勝てるはずがない!」と叫ぶ。宇宙人はそんな主人公に、「地球人がもつたったひとつの武器」で戦え。とアドバイスする。

という流れ。主人公は盾をなくしたり、逃げ込んだ先が好きな女の子の部屋だったり。といくつかの事件をへて、「地球人がもつたったひとつの武器」を使って、最終的にコピーに勝ち、侵略を回避する。


小学生の頃の僕は、宇宙人が地球を静かに去ったのは、主人公が代理戦争に勝ったからだと信じて疑わなかった。やったぜ、守りきったぜ!というアルマゲドンライクな世界だ。

しかし、大人になった僕の感じ方は違う。

さて、「ひとりぼっちの宇宙戦争」から少し話はそれてしまうけれど、星新一のSFショートショートに、未来の家族を描いた作品がある。
その未来では、全てが自動化されている。食事は希望のものを注文すれば、自動的に運ばれてくるし、都市機能を維持する全てのものは、コンピューターとロボットがやってくれる。ゲームをして遊びたいと思ったら、ヘッドフォンみたいな機械をかぶる。都市を管理するコンピューターは思考を読み取り、対象が求めている最適なゲームを提供する。
こんな世界でもヒトは仕事をしている。1日に数時間、機械の前に座り、何でもいいから考え事をするのだ。それが、この世界の仕事。機械は思考を読み取り、新たなサービスを生み出す。
たしかこんな話だった。オチはなんだったか忘れた。星新一氏のことだから、とびっきりのオチを用意していたに違いないと思うのだが、20年以上前、小学生だった頃の僕は、コンピューターとロボットに動かされる便利な未来都市の描写にわくわくしてしまい、不覚にも、オチ自体は忘れてしまった。

当時は夢ものがたりに過ぎなかった、星新一の描く未来だけれど、実は今の社会はこの全自動化された世界に近づきつつある。もちろん、全ての作業をコンピューターやロボットがやってくれるわけではなくて、今はまだヒトの息遣いが聞こえるサービスばかりだけれど、パソコンの前に座り、ネットで注文すれば何でも届くし、ヴァーチャルの世界に面白いゲームはあふれんばかりにあるし、ググれば知りたいことはほとんど知ることができるし、考えたことをウェブ上で表現したら、うまくいけばお金にだってなる。

優れたSFは優れた科学でもある。

----

話は「ひとりぼっちの宇宙戦争」に戻る。小学生の頃の僕は、宇宙人が地球を静かに去ったのは、主人公が代理戦争に勝ったからだと信じて疑わなかった。

しかし、大人になった僕の感じ方は違う。なぜ、宇宙人は侵略することをやめたのか。それはやはり人類に「感情」があったからだと思う。感情が生み出す個性や変化、創造に人類の進化の可能性を見たのだ。きっと。

感情がないのであれば、コンピューターやロボットにやらせればよい。(現代の人工知能の技術であれば、人間以上に感情を表現することも出来そうだけれども。) コピーロボにはできない何かを期待し、それができると、判断したからこそ、人類を生かすことにしたのだと思う。

星新一氏が描く世界も、当時は「こんな世界があったら便利だろうなぁ。」ぐらいにしか思わなかったけれど、コンピューターやロボットがデータ化できなかった「感情」が最後に残った人類の価値。というところを星新一氏は見抜いていたのかな。と思う。


最後に、Twitterで140文字の小説を発表されている、EnJoe140氏のSFから好きな一作を紹介して終としたい。

全自動化された書き手は本当に何でも書くことができたので、ついには全自動化された読み手の設計へと着手する。完全読者はいとも容易く達成され、いそいそと完全作家の読解を開始する。もう何も書かれずとも良く、もう何も読まれずとも良い。風も時間も全て止まった #twnovel

明日はみんなで歌い、踊ることにしよう。全自動化されないように。




藤子不二雄少年SF短編集 (第1巻) (てんとう虫コミックス―別コロ版)藤子不二雄少年SF短編集 (第1巻) (てんとう虫コミックス―別コロ版)
著者:藤子・F・不二雄
販売元:小学館
発売日:1983-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

Twitter小説集 140字の物語Twitter小説集 140字の物語
著者:内藤 みか
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2009-11-05
おすすめ度:5.0
クチコミを見る